【ビーコルB1残留に向けて】ペリーのお願い


今シーズンも残り9試合。現在ビーコルは中地区5位、リーグ全体では15位なのでこのままシーズンが終わったら残留プレーオフに出場!来季B2ってのも可能性としてはありうる状況です。

・Bリーグ順位
https://www.bleague.jp/standings/

・vol.115「ビーコル新ヘッドコーチ」(ハマスポ:あんたかさんコラム)
https://www.hamaspo.com/ando/vol-115

で、ビーコルブースターなら誰しも「B2に降格したくない!」って思いますよね。でも何ででしょう。横浜のプロチームだから?せっかく滑り込みでB1に入ったのにもったいないから?お客さんが減っちゃうから?メディアの露出が減ってスポンサーも減って予算が少ないへっぽこなチームになりそうだから?ま、人それぞれ「何でB1に残りたいのか」ってのがあると思いますが、ちょっと鬼守備さんのお話を。

ま、プロのバスケットボールチームとしてはやっぱり「リーグチャンピオン」を目指して欲しいわけよ、最終的には。スポーツって1番を目指す姿が好きなのよ。オリンピックに出るなら金メダルを目指すようにね。で、プロバスケチームが目指すのは日本でいえばB1リーグのチャンピオンだよね。で数多くのチームがそこを目指していく過程で、日本バスケットボールのレベルが上がり、アジアの頂点に立ち、世界と互角に戦う。そんな夢につながっていくと思うのよ。そんな世界と互角に戦う日本代表チームにさ、ビーコルの選手やビーコルの育成組織出身の選手が活躍してくれることを夢見てるのよね、鬼守備さんは。

B1にいないとB1のチャンピオンになれないじゃん?来季B2だったら夢のひとつが1年先送りにされちゃうのよ。だから今季は何としてでもB1に残留してもらって、来年夢を見る権利をゲットしたいのよ。で、今シーズンはあんまりサイトも更新してないし、SNSでも発信してないけど、「絶対残留!何が何でもB1!」というメッセージを僕が発信することは、イコールとして「B2になったビーコルなんて見捨てるよ」というメッセージとして受け取られかねないよね。チームも選手も、そんな不安と戦っているのかもしれないけれど。でも、僕を含めてビーコルを愛する多くのブースターはビーコルというチームがあって、必死に戦って、熱い熱いバスケットボールを横浜の地で見せてくれれば、B1だろうがB2だろうが変わらず応援するはず(ま、スポンサーさんは費用対効果とかあるから離れるところもあるだろうけれど)。それを踏まえての「絶対残留」であり「ごーごーびーこる」だと思ってます。未来の心配は未来にしよう。あ、よく分からない文章になってゴメンね。時間がないから校正しませんけど。

というわけでペリーからのお願いです

これ、最終兵器です。みんな、笑ったらB2だからね。
※この作品はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。


・サイト内関連リンク
【ビーコル1部参入に向けて】ペリーのお願い
http://gogobcor.com/2015/08/18/perry/


関連記事

ページ上部へ戻る