【道具に】プロフェッショナルとは何か?を蒲谷選手に学んでみる【こだわる】


先週Bリーグの全選手研修が行われました。Bリーグや各チーム/選手のTweetを見ると、「プロフェッショナルとは何か?」について様々な角度からお勉強したみたいです。Jリーグでは「新人研修」ってのがありますけど、Bリーグは今年からスタートなので、まぁある意味「全員Bリーグの新人」。なので、今回に限り「全選手大集合」というすんごい規模の研修会になったみたい。鬼守備さんも初心に戻ってBリーグのビーコルを応援しようかなと思います。ぴゅあぴゅあ。

で、Bリーグ研修のお写真をTwitterで眺めているといろんな発見がありました。気が付いた人も多いと思うけど、Twitterをやってないビーコルブースータも少なくないですから、今回は2つの発見をご紹介しようかなぁと思います。

 

ビーコルポロシャツをよく見ると…

まずひとつめの発見から。各チーム正装というか「チーム公式のおでかけ衣装」だったんですけど、ビーコル選手が着用しているポロシャツ見ました?川村選手のお写真(2枚目)をよーく見てみてね。

bcor52

拡大すると…SPALDING !

SPALDINGですよ。スポルディング。すぽるでぃんぐ。横浜ビー・コルセアーズはbjリーグで5年間活動してきた訳ですが、そのbjリーグの公式球はNBAの公式球と同じSPALDING。SPALDINGはbjリーグのオフィシャルスポンサーでもあり、2005年のbjリーグ開幕から3年間は全チームのユニフォームサプライヤー(近年では新潟、浜松、金沢)でもありました。ま、このポロシャツだけではBリーグのビーコルのユニフォームサプライヤー=SPALDINGとは断定できませんが(もしからしたらビーコルのBリーグ研修用ポロシャツサプライヤーかもしれないし)、かなりの確率でSPALDINGがビーコルのユニを手がけるんじゃないでしょうか。

SPALDINGがbjリーグの歴史を支えてきたのはもちろんなんですが、世界のバスケットボールを支えて100年以上。NBAと言えばSPALDINGだし。なんてったって世界で初めてバスケットボール作った(1894年)のはSPALDING。日本は明治27年ですよ、日清戦争中ですよ。100年以上も前からバスケットボール作ってたんですよ。

ちなみに、バスケットボールが誕生したのは1891年。で、Bリーグ(だったりFIBAだったり)の公式球である「モルテン」が創業したのが1958年(※「モルテン」は「ミカサ」を退職した技術者が作った会社なんだけど、ミカサの創業が1917年)。で、モルテンは1984年のロサンゼルスオリンピックからバスケットボールの公式球として採用されており、今では世界スタンダードのバスケットボールですよね。

ちなみに、ロス五輪前の五輪バスケ公式球は何かというと、Bリーグ誕生記者発表の時、川淵さんが抱いていたボールでもある「TACHIKARA(創業1915年)」です。1964年の東京五輪からメキシコ五輪、モントリオール五輪、モスクワ五輪、とモルテンの前はTACHIKARAが五輪公式バスケットボール。そんなTACHIKARAはNBAのライセンスを取得したりしていて、1987-1998年SPALDINGの球技ボールの製造・販売元もしてたみたい。

ま、何が言いたいかっていうと、Bリーグといえば白黒の「TACHIKARA」ボールがスタートだよね、そんなTACHIKARAはSPALDINGのボールも作ってたよ。てかSPALDINGは世界で一番歴史と伝統があるバスケットボールメーカーだよね。Bリーグの公式球がモルテンだろうと、bjリーグ出身チームとして、そして歴史と伝統を重んじる横浜の海賊としては、SPALDING LOVEだよね、ってことです。ま、ビーコルのユニフォームサプライヤーについては正式発表を待ちましょう。もしかしたら、NIKEだったり、adidasだったり、ユニクロだったり、横浜らしくFUKUZOかもしれないし。

・SPALDING |history
http://www.spalding.co.jp/about/history.html

・TACHIKARA |about Us
http://tachikara.jp/abouts/

・MOLTEN|沿革
https://www.molten.co.jp/corporate/jp/about/history/


蒲谷選手のペンが気になる

そして、二つ目の発見ですが、蒲谷選手に注目。というか蒲谷選手のペンに注目。

kabaya

なんと可愛らしい!ミスタービーコルの蒲谷選手の本気。

これ、鬼守備さんはまったくスルーしてたんですが、Twitterでちょっと話題にしてる人がいたから気がついたのよ。どうやらサンリオのキャラクター「ぐでたま」らしい。で、それ以来気になってしょうがないのよね。というか猛烈にこの「ぐてたま(蒲谷選手使用モデル)ペン」が欲しくなった。だって、憧れの選手と同じものって欲しくなるでしょ?でしょ?なるって言って!

そうか、欲しいですか。というわけで探しに行ってきました。


ぐでたまペンのカバちゃんモデルを探してきたよ

みなとみらいのsanrio vivitixへ

bcorP7241268

サンリオといえばサンリオショップ。sanrio vivitix クイーンズスクエア横浜店です。

bcorP7241270

緊張するぜ。初だぜ。でもコルスで鍛えたサンリオ愛は、店員さんにもきっと伝わるはず。

bcorP_20160724_170213

ぐでたまコーナー発見。というか、ぐでたま人気ってすごいのね。お兄さん、びっくりしちゃった。でも、文具が見当たらない。

bcorP_20160724_170246

欲しいけどいらいないものが沢山あって、ちょーテンションあがる。

bcorP_20160724_170314

で、文具コーナーを見たけどカバちゃんモデル(というかぐでたま)はない!小さなチャームみたいのがついてるやつシリーズっぽいね、でもこれ5色ボールペンだぞ。なぜカバちゃんはぐでたまの5色ボールペンをカバヤオフィシャルボールペンにしてるんだろうか。


夢を諦めない!横浜そごうのサンリオコーナーへ

bcorP_20160724_145704

欲しいものは絶対手に入れたいタイプなので、横浜そごうの玩具売り場へ。サンリオコーナー発見!

bcorP_20160724_150145

ここでも、ぐでたま人気を体全体で感じる。

bcorP_20160724_150310

最初はまったく興味なかったんですが、もうぐでたまに夢中な鬼守備さん。

bcorP_20160724_145840

文具コーナー!すげぇ品揃え。みなとみらいのショップはなんだったんだろう。

bcorP_20160724_145835

おおおおおおおおおおお!

bcorP_20160724_150043

これだ!「ぐでたま 5色ボールペン プレフィール」だ!Twitterの画面と現物を見比べること5分。間違いない。これだ。ってか1,200円もするの!さすがだ、プロバスケ選手…でも1色あたりにしたら240円だもんね。悩まずゲット!


「ぐでたま 5色ボールペン プレフィール」がやってきた!

bcorP7241301

じゃーん!プレゼントラッピング!うれしい!

bcorP7241302

あ、すっかりぐでたまファンになったのでスケッチブックも同時購入。きっとカバちゃんも持ってるはず。おそろおそろ、るんるん。

bcorP7241303

なお、スケッチブックは普通にスケッチブック。が、いい感じでぐでたまイラストが書いてあってぐでたまファンにはたまらんちん。

bcorP7241305

こちらが「ぐでたま 5色ボールペン プレフィール」。ビーコルブースター的には「カバちゃんモデルの5色ボールペン」で通じる。

bcorP7241311

猫と比較するとこれくらいの大きさ。っていうか普通の大きさです。

bcorP7241306

ぐでたまぁ!

bcorP7241316

試し書きしてみると、素晴らしい!この書き味、まさにB1クラス。言葉が、イラストが、次から次へと溢れ出る。素晴らしい書き心地。さすがゼブラのボールペン。

bcorP7241308

せっかくなので、ぐでたま風コルス。サンリオ夢のコラボ、ここに実現。

bcorP7241322

というわけで、ボールペンに悩んだら「ぐでたま 5色ボールペン プレフィール」オススメ。で、カバちゃんがこれをチョイスした理由は色々あると思うんだけど、よくよく考えたらバスケットボールって「5人」でやるスポーツじゃん?だから常日ごろから「5色のチームワーク」ってのを考えてると思うんだよね。そして、ぐでたまの「たま」はバスケットボールのことだと思うんだよね。あとはビーコル愛→コルス愛→サンリオ愛、もあるかと。プロフェッショナルとは奥が深いものです。

えーと、今回はなんの話だったかな。ま、プロスポーツ選手ってのはプレーはもちろん、その一挙手一投足、普段使っている香水から使っているボールペンまで、すべてがファンにとっては憧れだよね、っていうお話でした。ぐーで!たまたま!ぐーで!たまたま!ごーびーこー!ごーかばちゃん!


・ぐでたま | キャラクター | サンリオ
http://www.sanrio.co.jp/character/gudetama/

ぐでたま 5色ボールペン プレフィール(サンリオ オンライン)

・ZEBRA プレフィール
http://www.zebra.co.jp/pro/prefill/


関連記事

ページ上部へ戻る