平塚:海軍火薬廠の歴史を歩く【知ってるようで知らない平塚】


今回の鬼守備散歩は平塚です。「平塚総合体育館で何回ビーコルの試合を見たかなぁ」ってくらい、平塚には訪れているんですが、意外に知らないんだよね、平塚のことって。横浜市の歴史はなんとなく理解してるんだけど、平塚の歴史には疎いんですよ。でね、先日ユニフォームのお話をupしたら「平塚(ベルマーレ)のこと、嫌いなの?」って聞かれたんですが、そんなことないですからね。好きでも嫌いでもなく「無関心」に近い。あとさ、地域密着って言うけどさ、ライブで生きている現代の人や社会に密着するだけでなく、その歴史を知ることで今だったり未来が見えてくると思うんだよね。歴史があるから今がある。で、平塚の歴史って何だろう?ってのを探すのが今回の街歩きの目的。ってことで行ってみましょう!

JR平塚駅からスタート

bcorP2130011

平塚駅!いいお天気。

bcorP2130004

平塚駅前の周辺案内図。地図をよく見る。これ大切。今日はてくてく歩いて平塚総合体育館へ行くよ。平塚八景ってのがあるのか。スターマンみたいなキャラは何だろう。

bcorP2130007

でもせっかくなので、平塚ラスカの屋上テラスへ。上空から視察しようと思ったけけど柵でよく見えない。ま、あっちの方に行く。

bcorP2130008

駅前のバナー。平塚といえばベルマーレでお出迎え。

bcorP2130009

平塚みやげにぜひ。やなかしっぽや 。猫の尻尾ドーナツ売ってます。

bcorP2130016

工事用のコーンもベルマーレ。

bcorP2130017

ビーコルポスター発見!

bcorP2130020

歩道と自転車道を分けるブルーとグリーンのライン。マンホールは七夕ですね。

bcorP2130021

駅から500mほどで国道一号線。

bcorP2130022

歩道橋からの眺め。こうして見ると都会。

bcorP2130023

で、まずは平塚八幡宮へ。

bcorP2130024

平塚八幡宮です。詳しくはこちらから

bcorP2130028

鳥居をくぐって左右に池があります。こちらは東御池。長岡の錦鯉か。

bcorP2130052

左の池には弁財天社。B−ROSE的には参拝すべきなポイント。湘南ひらつか七福神のひとつ。巡ってみたい方はこちらをご参考ください。

bcorP2130054

想像以上に亀亀しいよ。

bcorP2130031

で、参道。カモさんについて行きましょう。

bcorP2130034

ネギを背負わせたいくらいの安定感がある背中。

bcorP2130037

二の鳥居と御殿。はじめて平塚八幡宮に入ったんだけど、意外にコンパクト。もっとでかいのかと思ってた。

bcorP2130039

子孫繁栄大事です。道祖神。あ、安曇野の記事でもちらっと触れてます。

bcorP2130049

平塚八幡宮、昔は「鶴峯山八幡宮」と呼ばれていたそうです。だから神紋は鶴丸(なのかな)。鎌倉の鶴岡八幡宮も鶴丸ですね。八幡宮とか大好きな人は「ビーコル的な横浜初詣スポットで航海安全祈願をしよう」あたりの記事を読んでね。

bcorP2130045

3つの境内外社、「諏訪社」の御祭神は建御名方神(たけみなかたのかみ)。先日のバスツアーで諏訪湖SAに立ち寄りましたが、諏訪大社的な感じですよ。平塚と諏訪湖もつながってるんです。

この平塚八幡宮、平塚駅から徒歩10分くらいかな。ビーコルの試合を見に来たけど「バスの時間がちょっと合わないなぁ」「ちょっと早く着きすぎたなぁ」なんて時はぜひ訪れてみてはいかがでしょう。試合前、凛とした空気に触れて、精神が研ぎ澄まされること間違い無し。

八幡山公園:旧横浜ゴム平塚製造所記念館で「戦争と平塚」を学ぶ

bcorP2130057

平塚八幡宮のお隣が八幡山公園です。平和の慰霊塔や戦災復興事業完成記念碑、そして国の登録有形文化財の「旧横浜ゴム平塚製造所記念館」があります。

bcorP2130096

こちらが「旧横浜ゴム平塚製造所記念館」。体育館に向かうバスの車窓から見たことあるでしょ?で、横浜市開港記念会館みたいに、借りることもできます。鬼守備さんが行ったときは、コーラスグループが歌ってました。

bcorP2130058

見学無料。土日もやってます。中に入るとボランティアの方(多分)が色々と説明してくれる。

bcorP2130072

洋館です。平塚にいるとは思えない洋館感。

bcorP2130065

上げ下げ窓。

bcorP2130070

で、このお部屋で「平塚にあった海軍火薬廠」の歴史をお勉強。これは必見です。

bcorP2130091

ざっくり言うと、今の平塚市役所や美術館、総合公園、共済病院、横浜ゴム工場、パイロット工場etcの敷地は、かつて「日本海軍の火薬(や化学兵器)をつくる工場だったよ」ってことです。


ま、今となってはさ、バスに揺られて体育館に向かう景色からはとても想像できませんが、平塚は海軍の町だったんです。横浜の海賊的なビーコルブースターにしてみれば、興味深々の町でしょ?平塚って。ってことで、平塚に海軍の火薬廠(かやくしょう)ができた経緯を簡単にお話しますね。

明治38年(1905年)日本はロシアとの日露戦争に勝利。ペリーさんが横浜に来てから50年ほどで、日本はロシアに勝ってしまうくらいの近代国家になりました。とは言うものの、ロシアを打ち負かすためにイギリスさんが支援してくれたんですよ。日本海海戦で活躍した戦艦三笠(現在も横須賀に保存されてますね)だって、イギリスで作られたものです。戦艦もイギリス製だったけど、戦争に欠かせない火薬も全てイギリスから直輸入。

で日本の近代化ってのは色んなものの国産化とも言えるんだけど、この「火薬」も国産化しないと、これからの時代勝てないよね。という国家的戦略から、明治38年(1905年)に日本政府とイギリスの3社(アームストロング社、ノーベル社、ヴィッカース社)によって設立されたのが日本爆発物製造株式会社平塚製造所。ここで「なんで場所が平塚なの?」って話になるんだけど、今の平塚総合公園とか森森(林林)してるでしょ。と言うのも江戸時代の平塚は幕府が管理した「御林」だったんです。そりゃ広大な敷地あるよね。で、軍港横須賀にも近いしね。ってわけで、大正8年(1919)には海軍が全施設を買収して海軍火薬廠として発足します。こうして平塚に大日本帝国海軍の兵器工場ができたんですよ。

で、この八幡山にある洋館ですが、もともとは明治40年頃に英国人支配人の執務室あるいは住居として建設されたもの。で、海軍火薬廠になってからは高等官クラブとして利用されていました。そして戦後は横浜ゴム株式会社が応接室に使ってたんだけど、平成16年に横浜ゴム株式会社から平塚市へ無償贈与され、八幡山公園に移築されたそうです。(八幡山の洋館:建物の沿革より)

軍都平塚−海軍の町平塚− (平塚市博物館)
森繁久弥と平塚大空襲と宝善院
平塚第2地方合同庁舎危険物に関する経緯

bcorP2130097

1945(昭和20)年7月16日深夜、133機のB29による「平塚大空襲」。東京大空襲での投下爆弾数は約38万発、平塚大空襲はそれを上回る約45万発の爆弾が落とされます。火薬廠をはじめ海軍補給工場、日本国際航空工業などの軍事施設が平塚には数多くあったから。という理由もあるんだけど、空襲の時点で日本の生産能力はたかが知れてるので、米軍が本土上陸に備えて全て焼き払ったっって考え方。で、戦後アメリカ軍に接収され、膨大な敷地の一部は横浜ゴムに払い下げられたりして、現在の平塚の街並みになっていきます。で、この写真は平塚戦災復興事業の完成記念碑です。

今も平塚に残る海軍火薬廠の痕跡

bcorP2130101

八幡山公園から徒歩5分、横浜ゴムの平塚製造所正面入り口。ここが海軍火薬廠の正門だったんですが、門柱は当時のままです。

bcorP2130103

そこから100mほど進むと海軍火薬廠跡の碑があります。

bcorP2130104

この碑もバスからはチラッと見たことあるけど、初めてじっくり読みました。

bcorP2130107

海軍火薬廠跡の碑。数多くの人が働いていたんだろうなぁ。平和について考える。

bcorP2130120

パイロット通りを北上して、平塚総合公園へ向かいます。途中の「富士チタン」工場。ここは製造部第二工場があったそうで、建物は当時のまま使われてます。それと、ガードレールに鳥のシルエットが。先ほどの平塚八幡宮へ続く道だから鶴かな。いや、クチバシが長いから白鷺的な鳥かも。

bcorP2130121

で、平塚市の総合公園に到着。松林です。

bcorP2130123

中原御林。徳川家康が中原に御殿を造営して、鷹狩りなどの折に宿泊所として利用した、とのこと。ま、この膨大な敷地があったから海軍の火薬廠ができて、戦後はまた膨大な敷地があったから工場ができたり、総合公園ができたり、市役所ができたり。

bcorP2130126

で、平塚共済病院に到着。ここもかつては「海軍共済病院」でした。

bcorP2130134

当時の防火水槽。

bcorP2130137

右が北原白秋の歌碑「「白鷺の 白鷺の 飛べば夕日の高麗寺 月になるやら 風じゃやら」。白秋が作詞した平塚音頭の一節らしい。今でも平塚音頭で踊ってるのかなぁ。左が白鷺塚。調べてみたら、昔は平塚の松林に多くの白鷺がいたらしい。で、昭和13年の台風で多くの鷺が命を落としたそうで、海軍火薬廠の人々が鷺塚を作ったみたいです。総合公園内にも鷺塚があるそうなので、今度行ってみようかな。で、市制70周年を記念して制定された「平塚の市民の鳥」は「しらさぎ」です。ガードレールの鳥はやっぱり白鷺だったのかな。

bcorP2130142

そんなこんなで平塚総合体育館前に到着。で、前から気になってたんだけど、この石塔のてっぺんにいる鳥も白鷺かなぁ。詳しい方、教えてください。


bcorP2130232

と、いうような歴史がある町で、ビーコルはバスケットボールをしてるんです。かつて大日本帝國海軍の火薬廠があった場所で、海賊を名乗る神奈川のプロバスケチームが試合をしているんです。感慨深い。

bcorP2140007

あの日コートで舞うB−ROSEが白鷺に見えたのは、鬼守備さんだけだったかもしれないな。

 

以上、平塚で海軍火薬廠の歴史を歩いてきたよっていうお話でした。今シーズンラストのビーコル平塚開催は4月9日(土)と10日(日)の秋田戦。平塚総合公園の桜もきっとキレイなことでしょう。詳しい日程etcビーコル情報は公式Webサイトで。

・横浜ビー・コルセアーズ公式
http://b-corsairs.com/


おまけ:「かばさんの小さなパン屋さん」に行ってきたよ

平塚郵便局の前に気になるパン屋さんがありました。バスからも見えるから気になってた方も多いかと。

・かばさんの小さなパン屋
http://www.ne.jp/asahi/kaba/panya/

bcorP2130110

雑貨屋さんのような佇まい。だけどパン屋さん。

bcorP2130116

カバさんがお出迎え。この他にも店内はカバカバしてます。きっと日本一カバカバしてるパン屋さん。

bcorP2130111

ワイルド・サンド〜かばの卵付き〜!おいしそう!売り切れてないかなぁ。

bcorP2130113

お昼過ぎだったのでほとんど売り切れてた。。。けど気になるパンをいくつかゲット。うまく説明できないけど、優しいパンです。おいしいよ!平塚逸品研究会にも参加してるそうで、スタンプラリーもやってます。で、店主のカバさん(?)に色々聞いたら、ビーコルのカバさんについては知らなかったみたい。でも、カバちゃんの写真を見せたらイケメン感に惚れたっぽかったので、近いうちにビーコルのカバパンを作ってくれるかも!

・平塚逸品研究会Facebook
https://www.facebook.com/ShonanHiratsukaIppinproject


関連記事

ページ上部へ戻る