【急なブザーでも】能に学ぼう!美しいリアクション【これで安心】


12月19日土曜日。浜松アリーナで行われた横浜ビー・コルセアーズVS浜松・東三河フェニックスの一戦。第4Q残り44秒48。65−72でAwayの横浜がリード。ここで河野選手がフリースローGET。7点差あるので3P2本じゃ浜松は追いつけないけど、ここでFTをしっかり決めればほぼほぼ勝負ありの場面。「セイジ決めてくれ!」「お願い、外して!」そんな感じで両チームブースターの緊張感もMAX。浜松ブースターのブーイングが響き渡る中、息をするのも忘れてセイジに見入る横浜ブースター。セイジなら決める。大丈夫大丈夫。そしてレフリーからボールを渡されたセイジ。ボールを3度床についてから、両手でくるっと1回転させるいつものルーティーンからフリースロー1投目!と同時に会場に鳴り響くブザーの音!「ブーゥゥゥゥ」!ボールがネットに吸い込まれる。よし、1点だけど、、、を認識した0.2秒後くらいに脳がブザーの音を思い出す。
「FTをブザーで邪魔するなやー!ありえないだろ!シュートが入ったからいいけど、入った入らなかったの問題じゃないんだよ!これがAwayの洗礼かよ!審判もTOもどんだけ浜松贔屓なんだよ!生きるか死ぬかの戦いしてんだよ!勝負に水を差すなよ!」的な感情(多分ね)が爆発し、大勢のビーコルブースターが左手を水平にしたまま、TOが座っている左に大移動。

っていう瞬間をgifアニメーションにするとこんな様子でした。一斉にTO(コート中央=画面右)に向かうビーコルブースター。片手はきれいに水平を保つ。よく見たらトニーもやってるな。ベンチでは竜一とコーリーの立ち上がりが早い!ゴール下のブースターも移動してる!
hamanoh

・試合レポはこちら→【行ってきた】浜松・東三河フェニックス戦@浜松アリーナ
http://gogobcor.com/2015/12/21/unagi/


いや、これねぇ。あまりにも予想外で、思わず大移動しちゃったんですよ。Awayでベンチ裏に座っていると(鬼守備さんHOMEではベンチ裏に座らないので)、稲垣選手の隣にいる感じになるんですよ。ブーストしているっていうか共に闘ってる的な。周りが見えなくなる的な。なのでなおさらエキサイトしちゃったのかなぁ。しかも4Q残り44秒という、バスケの一番興奮する時間帯ですよ。で、FT中にブザー鳴ったら、そりゃ民族大移動するよね。ちょっと反省してますが。例えるならね、レストランで一世一代のプロボーズしている最中にウェイターが隣で「ぶぅぅぅぅ」とオナラするようなもんですよ。いや、ウェイターがいきなりゲロをテーブルにぶちまけるくらいかな。大げさか。まとにかく、そりゃぶちギレるでしょ?

でもね、他のブースターから「ビーコルブースター、ガラ悪いなぁ!」とか思われて文体の来場者数が減ったら責任感じちゃうし、bjリーグから「ちょっとあのリアクションはやりすぎだから、制裁を加えよう」てなことになったらガビンチョビンだし、審判からも「あいつら大移動しすぎ。こりゃ松尾くんの責任だから次回からはテクニカルファールだな」てなことになったらヤバイ。どうしよう。。。


で、試合終了後そんなことに悩みながらFacebookのタイムラインを見ていたら、とあるブースターが「能を舞うビーコルブースター」と表現してbjtvのキャプチャを貼ってたのよ。そうか。あれは能だ。みんなで能を舞ったんだ。TOや審判への威圧的な態度ではなく、浜松ブースターにみんなで能を見せたんだ。アリーナで能を舞っちゃいけないの?横浜はフリースロー決まるとたまに能を舞うって知らないの?喜びの表現だよ?能くらいいいよね?よし、これで押し切ろう!

能を学ぼう!

とりあえず、「左手を水平にして左に進む」という型だけはしっかり覚えたい。bjリーグから事情聴取を受けても、彼らに説明できるくらいの能の知識をつけておきたい。というわけで「横浜能楽堂」にヒントを探しに行ってきました。

・Yotubeで探したけど「左手をあげて、前に進むシーン」はこんな感じ(4分53秒から再生されます)。

 


bcorPC220198

横浜で「能」といえば、

bcorPC220199

横浜能楽堂!桜木町駅から紅葉坂を登って徒歩約10分。桜の名所、掃部山公園の隣です。

bcorPC220200

能についてはほぼ知識ゼロなので、ちょっと学んできます。

bcorPC220201

入り口。おお。高級料亭的な。

bcorPC220215

2F席からの見学は自由、とのことなので2Fに登る。

bcorPC220213

芸術祭大賞!

bcorPC220207

2F観客席へ。

bcorPC220205

おおおおおお。能ぉぉぉぉぉ!空気が違うぜ!このピンと張り詰めた空気は、まさに浜松アリーナで感じたあの空気と同じ!

bcorPC220204

本舞台。あーここであれやりたい!B−CLAPを持って、左手を水平に上げて、左にサーって動くのやりたい!

bcorPC220206

2Fの座席。

bcorPC220214

展示コーナーは入れ替えらしく、見学できませんでした。

bcorPC220217

で、1Fにおりて「左手水平にして、サーって進むやつ」の参考になるような資料を物色。

bcorPC220219

この中にありそうだけど難しそう。もっと簡単な本ないかな。

bcorPC220220

で、売店にあった本を数冊閲覧させてもらう。ふむふむ。なるほど

で、家に帰ってさらに色々調べてみる。詳しくはページ下部の参考サイトを読んでね。ま、ビーコルブースター的に必要な情報としては、

1.能では原則的に扇は必ず持つ。神との問答をするために扇が仲立ち(通訳)する
ま、ビーコルブースターなら「B−CLAP」を持つってことです。これだけで荒ぶったアピールも能っぽくなります。で、扇もいろんな種類があるんだけれど、使い込んだB−CLAPは「中啓」という閉じても先が銀杏型に開く扇っぽくなります。

2.能は全て「舞う」型がある
立ち姿の「構エ」と、歩む動作の「運ビ」が基本。それに、いろんな動きを「型」にして、動きを組み合わせる。例えば「サシ込ミ ヒラキ」は前に進みながら右手を上げて(サシ込ミ)、両手を広げながら後ろに下がる動き(ヒラキ)。で、同じ型でも「女」「男」「鬼」で微妙に違う。

3.で、左手を水平に上げて左に進む動作は何?
調べたんだけど、多分「左右」という型。浜松アリーナでは4歩くらい動いているので「大左右」かと。1歩だけなら「小左右」、2歩なら「中左右」なので、アピール度合いによって使い分けましょう。左へ進む時は左手を進行方向に指し出し、右へ進む時は右扇を右へ指し出すのがポイント。bjtvを見直すと「右手を上げながら左に進む」ブースターもいますが、これは間違いみたいです。そして、ひじが必ず外側を向いている(脇を張ること)ことも忘れずに。

「サシ込ミヒラキ」から「スミトリ」からの「サシ回シヒラキ」「左右打込ミ」くらいはできるようになっておくと本当はいいんですけど、ま、皆さんも左右くらいは覚えておきましょう。フリースロー時に急にブザーがなっても、付け焼刃の知識で覚えた美しい所作で対応すれば、周りのブースターから尊敬の眼差しをうけること間違いなし!そして「ビーコルブースターってさ審判の文句言わないよね、明らかなミスジャッジになればなるほどみんな能を舞うよね」てなことが評判になれば、文化庁から表彰されるかもしれない。あるいは、みんなが「I LOVE 横浜」踊っている時も、一人だけ能でアピールすればB−ROSEもメロメロで、B−ROSEも思わずサシ回シヒラキ。ブースターポイントを貯めるときも能の動きでカードを差し出せば、ポイント2倍3倍は当たり前でしょう。

以上、適当な能の話でした。なお、横浜能楽堂では毎月第2日曜日を「狂言の日」として、横浜能楽堂普及公演を開催してます。お値段なんと2000円!次回開催は1/10(土)です。
・横浜能楽堂
http://ynt.yafjp.org/

☆参考サイト
the能ドットコム
能の身体技法(PDF)
能の稽古シリーズ(リトルリーダーの独り言)
文化庁デジタルライブラリー(能:世阿弥)
→動画で分かりやすく基本的な動きを解説(PCサイト)
文化庁デジタルライブラリー(狂言・能楽の歴史)
鎌倉能舞台


関連記事

ページ上部へ戻る