【11月3日は文化の日】第21回都筑区民まつりと第34回中山まつり【文化って何だろう】


日本には国民の祝日が15日あります。来年(2016年)からは8/11が「山の日」になって16日になるんですけどね。で、皆さんどの祝日がお気に入りですか?ま、あんまり聞かれない質問だと思いますけど。鬼守備さん的にはですね、一番好きなのはやっぱり「海の日」。国民の祝日に関する法律によれば「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」日だそうです。で、二番目に好きな休日が「文化の日」。この文化の日がどういう日なのかは後述しますが、穏やかな秋の日に「第21回都筑区民まつり」と「第34回中山まつり」に行ってきたよっていうお話です。ちなみに三番目に好きな祝日は「体育の日」です。

・【イベント情報】11/3 都筑、中山、戸塚のお祭りに出演!!
http://b-corsairs.com/news/10869/


第21回都筑区民まつり

bcorPB030382

センター南駅。朝早くからすごい賑わい。予想外。

bcorPB030368

円形広場に到着。いやぁ、すごい規模。ビーコルをPRするのに絶好の機会。ビバ都筑!

bcorPB030335

オープニングアクトはB−ROSE!午後には選手もきて色々パフォマンスやったらしい。見たかったなぁ。

bcorPB030352

わんわわ わんわわ わわわわ!(あいらぶ うぃらぶ よこはま!)

bcorPB030376

B−CORブースでB−ROSE記念撮影!で、このB−CORブースがステージ正面の一等地にあるんですよ。これにはちょっと感動。ビーコルは都筑区のシンボルになるんじゃなかろうか。わくわく。

bcorPB030362

ちなみにセンター北とか南の「センター」とは港北ニュータウンセンター区域のセンターです。で、港北区と緑区の2つの区が、港北区・緑区・都筑区・青葉区の4つの区に再編成されたのが1994年(平成6年)の11月6日(日)。3日後が21歳のお誕生日ですね。で、この都筑区は横浜市にとっては「副都心」的な位置づけです。初めてこの都筑区民まつりに行ったんですが、幅広い世代が暮らしている街だなぁと感じました。新しい建物が多いのでどちらかというと無機質な街っていう印象を持っていたんですけど、そんなことはないです。世代を超えて活気がすごい。で、来年のBリーグですが、横浜ビー・コルセアーズのHOMEメイン会場は都筑区の横浜国際プールになるんですけれど、プロバスケ1部チームのホームタウンとして全国から人を集める力がある街だなぁと感じましたね。ほんと、普段どこにいるんだろうってくらい人出がすごかった!

bcorPB030391

てくてく歩いてセンター北へ。

都筑区歴史年表


ビーコル応援アートビッグフラッグを一緒につくろう!

ちょっと気になるイベントもやっていたのでセンター北駅へ。アートビッグフラッグですよ。芸術家魂に火がつくかも。

・都筑区 ビーコル応援ビッグフラッグ 制作スタート!!
b-corsairs.com/news/10861/

bcorPB030393

ビーコルフラッグ発見!ってことは、

bcorPB030394

応援アートビッグフラッグを一緒につくろう!

bcorPB030397

こんな感じになるのか。で、どうやって作るんだろう。

bcorPB030398

塗り塗りしている子供達。

bcorPB030400

道行く人も興味津々。アートの力。

bcorPB030405

で、指をくわえてやりたそうな顔でアイコンタクトをとってたら、参加できました!トニーダンクイメージで型取り中。

bcorPB030409

鬼守備さん含めブースター3人で一枚の絵を作成。これはポーズをとっている最中の鬼守備目線カメラ。おじさんが体の輪郭を鉛筆でなぞってくれる。いやぁ、これはね、壁画に描かれた絵になった気分。生まれて初めての感情。地面に寝っ転がって、つまりは地球と一体になって、自分のライブな存在が絵という創作物に生まれ変わる瞬間をじわじわと味わう。あーうまく説明できない。とりあえず、皆さんもぜひご参加ください!第2回は11月22日(日)11~16時で都筑民家園。 第3回は11月23日(月祝)10~15時 で横浜市歴史博物館ロビーに集合!

bcorPB030414

鉛筆でなぞった線をマジックでなぞります。結構緊張する。

bcorPB030416

で、色を選んで、

bcorPB030421

塗るよ!魂込めて塗るよ!自分のシルエットが試合会場に掲げられるんですから。

bcorPB030428

愛を込めるところには、きちんと込める。愛を伝えたい人に、愛を伝える。伝わらなくても、こういう小さな積み重ねが有明への道だと思う。

bcorPB030431

完成!ビーコルブースター3人の力作!どんな仕上がりになるのかは、国際プールの試合でチェック!

bcorPB030437

素晴らしいビッグフラッグになりますように!関係者の皆さん、ありがとうございました。よろしくお願いします!


第34回中山まつり

bcorP_20151103_131513

グリーンラインで中山駅へ。地上に出たら、ここもすんごい人。中山やばい。ビーコルブースター的だったら試合会場で掲出される「中山商店街ダンマク」を知らない人はいないでしょう。ここもビーコルを熱く応援する街、中山商店街!

bcorP_20151103_131711

Eyes’さんステージが時間ギリギリだったので、急いで駐車場ステージ行ったけどここもすんごい人で進めない。大晦日の川崎大師と言っても過言じゃない。いや、ちょっと過言。ま、とにかくすんごい人。

bcorP_20151103_132709

ステージ前は人だかり。Eyes’さーん!

bcorP_20151103_135531

ビーコルのフリースローブースにも行ったけど、この通りも大賑わい。

bcorPB030494

そんなこんなでB−ROSE、そしてEyes’さん登場なんだけど、駅前のバスロータリーも運動会状態。センター北が平成だとしたら、中山は昭和な感じって言うか鬼守備さん的には落ち着く街です。バナーフラッグを掲げた時以来の中山でしたが、その時には気がつかなかった中山のパワーを感じました。商店街全体が盛り上がっていて、幅広い年代の人がニコニコしながら歩いてる。お祭りって非日常。プロスポーツの試合はそんな非日常を味わえる数少ない場所だと思うんだよね。お金がかかるけど。とにかく、中山から北山田もグリーンラインですぐですから、皆さんビーコルの試合に来てください!B−ROSEもEyes’さんも椅子に座って堪能できますよ!多分、立ち上がっちゃうと思うけど。

 

・【掲げてきた】F・マリノス×ビーコルのコラボフラッグバナー【中山商店街】
http://gogobcor.com/2015/02/15/flagbanner/


境田貝塚に行ってきた

で、いきなり貝塚のお話です。ま、写真見てよ。せっかくだから。

bcorPB030441

センター北とセンター南の間にあるいい感じの土地。ビーコルアリーナ建設予定地っていう看板かと思った。

bcorPB030444

早渕川です。鶴見川に合流して東京湾に出て、太平洋につながって、そのあとは世界どこにでも行けます。

bcorPB030470

画面中央左下、緑が広がっているところが都筑中央公園。ここに貝塚があるんです。センター南駅から徒歩5分ってとこかな。

bcorPB030449

杉山神社の階段を駆け上がって、

bcorPB030452

下を見れば、もう京都にいる気分。

bcorPB030451

杉山神社境内。

 

bcorPB030453

で、裏手の階段をちょいと登ると、

bcorPB030454

丘です。

bcorPB030458

で、こんなところにあるのが「境田貝塚」。

bcorPB030456

縄文時代前期(約6000〜5500年前)の貝塚なんです!

 

bcorPB030461

この時代、今より温暖だったので水位が高かったんですね。昔の海岸線を見ると入り組んだ湾です。で、都筑区には貝塚たくさんあります。北山田の国際プールあたりは昔も陸地で、海が目の前。「都筑区に海ないじゃん!海賊的にはどうなのよ?」と思っていた方がいるかもしれませんが、入り組んだ湾はまさに海賊の拠点に相応しいんじゃなかろうか、ってことが言いたいのです。

bcorPB030462

昔はここから海が見えたんですよ。都筑区が新しい街だっていう話をしましたが、実は横浜で一番古い街(というか集落)があったんです。いわゆる開港後の横浜(関内とか)って150年の歴史しかないんですよね。みなとみらいなんて最近のお話。ランドマークタワーができたのが1993年なので都筑区とほぼ同じくらいかな。一方こちらの貝塚は6000年ですからね。中国4千年の歴史より古い、「横浜6000年の歴史(もっと古い歴史も)」が都筑にはある。

bcorPB030463

貝を探してB−ROSEにプレゼントしようと思ったけど見つかりませんでした。ひとり黄昏ていると気分は縄文人。ドングリ食べたくなる感じ。


文化って何だろう

で、文化の日の話に戻りますが、国民の祝日に関する法律によると「自由と平和を愛し、文化をすすめる」日だそうです。そもそも文化って何さ?って疑問もありますが、まぁざっくり定義すれば「文化とは、社会のみんなが共有している行動様式や生活様式」ですかね。「女子サッカーを文化に!」とか「バスケを文化に!」なんて使いますが、この場合の文化って言葉は長い時間/歴史を必要とするイメージがありますね。一過性のブームと反対の意味というか。で今日一日、街の文化や、その文化を継承している人に触れて思ったのは、やっぱり「丁寧な時間」があるからこそ今があるんだろうなぁってこと。色んな人の努力や世代を超えた関わりがあるから、何十回とお祭りが続いている。バスケが日本の文化になる、ビーコルが横浜の文化になる。そんな日が来るためには、やっぱり「丁寧な時間」が必要なんだろうな。ってことを縄文時代の貝塚を見ながら感じた鬼守備さんでした。
 
と同時に「自由と平和を愛し、文化をすすめる」の「自由と平和を愛する」ってことにも触れておきましょう。ビーコル公式で「ホームゲームにおけるマナー違反行為について」というお知らせがありました。「スタッフパスをつけた人間がアリーナ内への缶の持ち込みを黙認」っては「おいおい、そりゃないだろう」ですね。「アリーナ内への缶の持ち込み」は自由ではなく、平和のためにその自由を制限していて、それをルールとして定めてある。そして「対戦相手チームに対する敬意を欠いたヤジ」ってのは詳細が分からないので何とも言えないところもありますが、「スタッフパスをつけた人間が大なり小なり野次る」ってのも「おいおい、そりゃないだろう」です。スタッフの教育はしっかりとやってください。ペリー怒りますよ、まじで。
 
「自由と平和を(同時に)愛する」ことって、すごい難しいことだと思う。スタッフではなくて普通の観客の話にしますけど、観客による野次の自由を許せば、暴走した野次によって平和な会場にはならないし、平和な会場を第一に考えるならば例えばブーイングという自由は許されないのかもしれない。周りが不愉快な野次は慎むべきだけど、人によって何が不愉快かは違うだろうし、NGワードをひとつひとつ登録するわけにもいかない。世の中には本当に色んな人がいますから。「子どもがいるのにブーイングなんてけしからん!」って思う人はいるし、ブーイングに限らず「子どもが見てるのB−ROSEのダンスがsexyすぎる、けしからん!」って思う人もいるだろう(いないか)。バスケットボールがスポーツである以上、フェアプレイ精神やリスペクト精神は大切。一方でエンターテイメントでもある以上、なんでもかんでも禁止ってのも窮屈です。

ま、プロバスケが文化(みんなが共有している行動様式)になっていない状態では、フリースロー時のブーイングに嫌悪感を持つ人もいるだろうし、MCの声がうるさいと感じる人もいるだろう。文化になっていてもその文化がどうしても気に入らない場合もあるでしょう(鬼守備さんにとってはNBLの太鼓とか)。「自由と平和を愛する」過程で「文化がすすむ」ってのもあるし、「文化がすすむ」過程で「自由と平和を愛するようになる」ってのもある。で、「文化」になったものは未来永劫変わらないってわけじゃなくて、時代に合わせてアップデートする必要もある。文化として生き残るためには変わる(進化する)必要もある。

えーと何の話でしたっけ。同じような話を続けているな。とにかく、文化の日は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」日だよってことです。秋の夜長、たまには自由と平和と文化とビーコルについて、家族と、恋人と、友人と、語り合ってみてください。


・フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
http://www.japan-sports.or.jp/portals/0/data0/fair/
 
・RESPECT PROJECT 大切に思うこと|日本サッカー協会
http://www.jfa.or.jp/respect/

・マリノス人権ワークショップ資料(PDF)
その1
その2


関連記事

ページ上部へ戻る