【横浜開港と言えば】2015bjファイナルズをハマっ子目線で応援するなら滋賀説【あのお方】


bcorP5130680

野毛山動物園のライオンさん。深い意味はないけど、あまりにも写真が少ないので賑やかしに。ま。最後まで読むと関係なくもない感じ。

いよいよ明日から2015bjリーグファイナルズ!プレイオフ(※bjリーグは「プレイオフ」でNBLは「プレーオフ」です。これ豆知識。)を勝ち抜いた4チームですが、イースタンは岩手と秋田、ウェスタンは滋賀と浜松。うーん、一発勝負なんで、どこかチャンピオンになってもおかしくない。ビーコルブースターの方も有明行く方、結構いらっしゃるんじゃなかろうか。で、お祭り気分で観戦するのもいいんだけど、どこかのチームを応援してハラハラドキドキ感を味わうのも楽しみ方のひとつでしょう。

ビーコルがイースタンのチームなんで、やっぱり秋田か岩手を応援する人が多いかな。浜松もビーコル的には色んな思い出があるチームですよね。でもね、鬼守備さんは熱く語りたい。ハマっ子ならここで「滋賀推し」ってのもアリだよってことを。

横浜といえば港町。ビーコルのロゴマークも、船の船首(=海賊帽)ですよね。江戸時代は辺鄙で小さな村だったのに、なんでこんな大きな都市になったんでしょう?開港したから?なんで「横浜」が開港したの?ペリーと関係あるの?浦賀じゃないの?で滋賀推しの理由は?ってまぁ慌てずにゆっくり読んでね。

それと、今回のエントリーですが、現在参加者募集中の「【今年は船で!】5/23(土)bjリーグファイナルズ観戦ツアーのお知らせ【横浜の海賊限定】」のルートとも深い関わりがありますので、参加される方は熟読しておいてください。ツアーがより楽しめます。以下、歴史のお勉強(読了目安時間:15分)。


1853年7月8日〜浦賀に黒船来たよ。でも上陸したのは久里浜です〜
浦賀沖に4隻の船が現れました。2隻は帆船で、あとの2隻は蒸気機関で動く「黒船」です。そう、ペリーさんが「開国してくださーい」という大統領の親書を徳川将軍に渡しに来たんですよ。最初、幕府は浦賀奉行所の役人(ま、国レベルで見れば下っ端)に行ってこさせたんですが、ペリーさん逆ギレして「こんな下っ端じゃダメでーす。もっと偉い人連れてこないと、チョー強いこの戦艦黒船で東京湾北上しちゃうよ!将軍に直接会いに行っちゃうよ!」と脅します。
で、結局は7月14日に久里浜への上陸を許して、ペリーさんから親書を渡されます。でもね、その時の徳川12代将軍だった徳川家慶さんは病気だったんです。幕府的には「将軍は今病気なんでそんな大切なこと決められません!」ですよね。だから「ねぇ、ペリーさん。今決められないんで、1年待ってもらえます?」とお願いしたら、ペリーさんは「OKOK、1年後にまた来まーす!」で浦賀を去って行きました。「えー開国するの?しないの?名案ないの?」と国中大騒ぎなんですが、ペリーさんが帰った10日後の(7月27日)に、なんと将軍の徳川家慶さんが死去。おいおい、どうなる日本?

・ペリー公園(久里浜)
http://cocoyoko.net/spot/perry-park.html

・【祈ってきた】叶神社@横須賀市浦賀(東叶神社,西叶神社)【神頼み】
http://gogobcor.com/2014/02/11/kanoujinja/


1854年2月13日〜黒船また来たよ。今度は横浜で日米和親条約を結んだよ〜
浦賀を去ってから琉球経由で香港に帰港していたペリーさんですが、徳川家慶の死去を知って「今なら日本混乱してるんじゃね?1年後って言ったけど、半年早く行っちゃおう!」てな感じでまた東京湾にやってきます。策士ですねぇ。当然幕府は大慌て。一ヶ月ほど悩んだんですが「アメリカ強いよね。戦っても負けるよね。開国するしかないよね」という結論に。で、その交渉をどこで行うかが問題になったんですが、ペリーさんの希望は「江戸から近い」「沖合に艦隊を整列できる(軍事力を見せたい)」「交渉場所に艦隊から砲弾が届く」「汽車の模型や伝信機などを展覧する広い場所がある」の4つ。で、選ばれたのが「横浜」だったんです。そして、現在の横浜開港資料館・神奈川県庁の地に応接所を設置し、3月31日、全12箇条の日米和親条約が締結されました。この条約の内容ですが、「下田をいますぐ、函館を1年後に開港してね」「アメリカの船寄ったら必要な物資売ってね」「アメリカの船が難破して、アメリカ人助けたら身柄を引き渡してね」的なこと。 ちなみに第1条は「日米両国・両国民の間には、人・場所の例外なく、今後永久に和親が結ばれる」です。それでも昭和に入ったら戦争になるんですが。
ま、この時点で横浜は、歴史的に見れば「打ち合わせ場所」「条約が締結された場所」ですね。横浜開港までは、あと少し時間がかかるのです。

・横浜開港記念館
http://www.kaikou.city.yokohama.jp/index.htm

そうそう、お台場の話もしなきゃね。最初に黒船が来てから「1年間の猶予があった」でしょ?なので幕府は「あんな黒船が江戸まで来たらやばい。何としても守らなきゃ!そうだ、海に砲台作って迎え撃てばいんじゃね?」と、大急ぎで品川沖の海上に砲台を作りました。それがお台場。11基の砲台を作る予定でしたけど、いかんせんペリーが半年早く来ちゃったから全ては完成していなかったんですが、この砲台のおかげでペリーは東京湾を進めなかったんです。だって撃たれたら嫌だもん。だから応接所が品川とかじゃなくて横浜の地になったんですね。お台場のおかげで横浜が歴史の舞台に登場する訳です。

・お台場の歴史を考える
http://www.kanda-zatsugaku.com/060317/0317.htm

あとツアーの徒歩ルート(根岸から本牧をぐるっと回って石川町へ)とペリーも実は関係があります。本牧ってちょっと東京湾に出っ張っているんですが、首都高より海側は埋立地なんです。今の本牧市民公園には断崖がすぐ背後にありますよね。あれが本牧岬。で、ペリーが2度目に来た時は1ヶ月以上東京湾にいたんですが、その長い間船の上でバカンスを楽しんでいたわけじゃなくて、ちゃんと東京湾の測量も行っていて、本牧岬の岩肌に目印の文字を記したとか。ちなみに、ペリーは本牧岬を「トリーティー・ポイント(条約岬)」と名付けました。

・タイムスリップよこはま 本牧岬
http://www.timeslip-y.jp/negishi/misaki.html


1858年7月29日〜日米修好通商条約を結んだよ。これで横浜開港が決まったよ〜
日米和親条約で下田と函館が開港。で、下田の総領事に就任したのがハリスさん。1856年8月21日のことです。ハリスさん(というかアメリカ)は、日本と通商条約を結びたかったんですよ。で、幕府内には通商条約を今すぐ結ぼう!という「即時調印派」もいましたが、天皇のお許しがないとこんな大事な条約結べませんよね。で、当の孝明天皇は猛反対。だから京都の朝廷には「勅許をもらえるまでで調印を延期しようよ」派も多くいました。

一方当時のアジアを見てみれば、お隣の清(中国ね)では、アロー戦争(第二次アヘン戦争:1856〜1860)真っ最中。イギリスとフランスの連合軍が清を絶賛攻撃中なんです。このままだとイギリスとフランスが日本にやってきて、植民地にしちゃうかもしれない。早くアメリカと通商条約結んだ方が安心だよ、とハリスさんも日本を説得します。

通商条約結ぶの?結ばないの?ま、大阪都構想以上に揉めに揉めたんことでしょうね。で、そんな時に、大老(将軍の次に偉い人的な)に就任したのが近江彦根藩井伊直弼です。彼は「延期しよう」派でしたが、交渉担当者には「できるだけ延期してね、でも調印しちゃっても仕方ないかも」的なこと言ったらしい。で、1858年7月29日、交渉担当の井上清直と岩瀬忠震は、横浜の今でいう八景島沖に停泊しているポーハタン号に乗り込んで日米修好通商条約を結んじゃいます。勝手といえば勝手ですが、まぁ調印してなければアメリカに占領されることになったかもしれませんし、イギリスやフランスが攻めに来てたかもしれない。

この日米修好通商条約、アメリカに領事裁判権があったり、日本に関税自主権がなかったりしたので不平等条約なんて呼ばれてますが、この条約で開港が決まったのが神奈川、長崎、新潟、兵庫、江戸、大坂です。現在、横浜が港町であるのも井伊直弼がいたからこそ。彦根藩は今でいう滋賀県ですから、ハマっ子的には滋賀を応援しちゃう?という話になるわけです。なお、横浜の掃部山公園には井伊直弼の銅像がありますが、この話は後述します。

えーと、井伊直弼ですが、まぁ天皇のお許しもなく勝手にアメリカと条約結んだってことになっちゃって非難轟々。その他色々と問題があって政局は大混乱です。開国反対派の水戸藩主は武家の秩序を無視して公家に働きかけ、天皇を味方につけちゃったりします。これに怒った井伊直弼が、反対派を処分したのが安政の大獄。その恨みで水戸藩(からの脱藩者)に1860年3月24日、井伊直弼は襲撃されて命を落とします。これが桜田門外の変です。


1859年6月2日〜横浜開港!〜

ペリーが浦賀に来た→ペリーが今度は横浜に来て日米和親条約結んだ→ハリスが下田にいて日米修好通商条約が結ばれた→神奈川の開港が決まった→で、実際には横浜が開港します。条約では1859年7月4日(=この日はアメリカの独立記念日ですね)と決まっていたんですが、アメリカだけじゃなくオランダ・ロシア・イギリス・フランスとも条約を結ぶことになったので、結局1859年6月2日(旧暦の7月1日)にしたんです。横浜市民的には「6月2日は開港記念日」として有名ですよね。ま、こういう話を覚えておくと、開港祭のB−ROSEステージや夜の花火をより楽しめるかもしれません。

・【Y155】 横浜とバスケとビーコルと花火【第33回横浜開港祭】
http://gogobcor.com/2014/06/03/y155/

それと「開港する神奈川って横浜のこと?」問題ですけど、いわゆる当時の「神奈川」は東海道の神奈川宿、今でいう京急神奈川駅付近です。で、日米修好通商条約が結ばれたときは、この「神奈川」を開港しようとしたんですが、いかんせん東海道沿いの宿場町。外国人とトラブル発生したらどうするの?あ、横浜にしちゃおうか。あそこは東海道から離れてるし。てな具合でさりげなく「横浜開港」になったんです。おいおい話が違うじゃんと各国から反対があったそうですが、「ここは神奈川だから!キリッ!」で乗りきったらしい。ですから、今でも横浜県じゃなくて神奈川県です。


「開国の父」井伊直弼と掃部山公園

えーと、あんまりにも写真がないので、以下、横浜で井伊直弼と言えば!のお散歩写真です。

JR桜木町駅から紅葉坂を登って徒歩10分。みなとみらいを見下ろす場所にあるのが掃部山(かもんやま)公園です。その一番見晴らしのいい場所に、井伊直弼の銅像が建っています。
江戸時代は「不動山」と呼ばれていましたが、明治に入ると鉄道建設のため日本に来た外国人技師の官舎が建てらたので「鉄道山」と呼ばれました。鉄道開通後(明治5年)も湧き水が鉄道用水として利用されていたんですが、明治17年に旧彦根藩士が鉄道山を買い取り、井伊家に寄贈。明治42年(横浜開港50年)には銅像が建立されました。そして大正3年に井伊家から横浜市に寄付され現在に至ります。そうそう、「なんで掃部山なの?」ですが、井伊直弼の官位「掃部頭(井伊掃部頭直弼)」に由来します。言うなれば「井伊直弼山」ですね。

bcorP5210926

掃部山公園です。丘の上。左に行けば能楽堂。

bcorP5210889

bcorP5210934

鬼守備さん雪まつり会場でもあります。詳しくはこちらから。

bcorP5210938

鉄道山を意識してるのかな?KAMONYAMA TRAIN。

bcorP5210884

bcorP5210881

今でも桜の名所です。

bcorP5210922

山の頂上。わんこ天国。

bcorP5210891

bcorP5210893

この水栓も歴史的建造物。裏には明治42年って書いてあります。ライオンの口から水が出たとか。

bcorP5210898

bcorP5210908

横浜を見下ろす丘の上。横浜が開港したのも井伊直弼のおかげです。なので彦根というか滋賀LOVE。なお、ひこにゃんは掃部山公園のイベントに来たりもするんですよ。西区のマスコット「にしまろちゃん」にはお友達が二人いるんですが、一人が「マリノスケ」で、もう一人が「ひこにゃん!」です。

bcorP5210928

そう遠くない昔、この先は海でした。景色は変わる。

bcorP5210899

「ごーびーこー!」

bcorP5210896

水栓のライオンさんです。「ごーびーこ!」


以上、長くなりましたが「2015bjファイナルズをハマっ子目線で応援するなら滋賀じゃなかろうか?」というお話でした。井伊直弼は彦根藩主だよ?井伊直弼いなかったら横浜開港してないかもしれないよ?ひこにゃんとにしまろくんお友達だよ?ま、理由は何でもいいんですが、明日明後日、有明を皆さん楽しみましょう!

それと今回の記事を読んで、「やべぇ、横浜と久里浜とお台場がつながったわぁ。開港の歴史を巡ってみたいわぁ。ペリー気分で東京湾を眺めてみたいわぁ。本牧のトリーティー・ポイントをこの目で見たいわぁ。」と思ったあなた!そんな欲張りさんのあなたにオススメなのが、5月23日(土)のたきがしらから有明ツアー!です。まだ若干の空きがあります。参加を希望される方はご連絡くださってもいいですし、勝手に(最初からでも途中からでも)参加していただいても特に問題ありません。下記リンクの行程表を良く読んでね。当日の諸々はTwitterのハッシュタグ「#有明遠すぎ」で随時つぶやく予定です。スマホで応援(?)される方も「#有明遠すぎ」でぜひご参加ください。

・【今年は船で!】5/23(土)bjリーグファイナルズ観戦ツアーのお知らせ【横浜の海賊限定】
http://gogobcor.com/2015/05/18/crazytour/


関連記事

ページ上部へ戻る