【船上の】2015年のビーコル号航海安全祈願してきたよ【ハッピーニューイヤー】


みなさま、明けましておめでとうごーごーびーこー。今年もよろしくお願いしまいける。てな感じで2015年始まりました!えーと、ビーコルから届いた年賀状に書いてあるメッセージを読んだら感激のあまり食べていたお餅を喉に詰まらせてしまい、大量のイクラを流し込んで事なきを得た、お正月を満喫している鬼守備さんです。

お正月と言えば、やっぱり初詣ですよね(初日の出もあるか。世間で俗に言う「初日の出」ですが、ビーコルブースター的なノリで記事にしますので、まとめるまで待っててね)。で、日本丸でこんなイベントをやってるとのことだったので初詣的な感じで行ってきました。

知らなかった!日本丸の松飾り!そして船内士官サロンに神棚があるなんて!ビーコル号の航海安全を祈願するのに、こんな最適なパワースポットはないでしょ。

松飾りの日本丸と船内士官サロンの神棚を拝みに行くよ

bcorP_20150101_151416

日本丸メモリアルパークです。横浜は粉雪。寒い!レミオロメン風に言うと「こなぁぁあゆきぃい」です。我が家の愛猫ルーちゃん風に言うと「コニャーユキー」です。では、お正月の装いをした日本丸に乗船しましょう。

bcorP_20150101_144056

分かるかなぁ、船の船首というかバウスプリット(←合ってる?)に松飾りがあるのを!

bcorP_20150101_144304

大人300円なり。ここも松飾りでお出迎え。それにしても人がいない。ほぼ貸切です。

bcorP_20150101_144352

目指すは士官サロンの神棚。えーとどこだろう?ま、順路があるんでその通りに見学しますけど。

bcorP_20150101_144521

やっぱ本物の質感は違うわ。

bcorP_20150101_144506

国際信号旗です。全部で40種類あります。アルファベットの文字旗が26枚、数字旗が10枚、代表旗3枚、 回答旗1枚。信号旗ネタやりたいんですけどね。文字旗使ってGOGOBCORとかね。チーム通算100勝の時、数字旗掲げようかな。

bcorP_20150101_144556

鏡餅がありました。奉書紙には宝船が描かれています。こんな感じで有明から帰ってきたいものです。

bcorP_20150101_144713

バウスプリット(船首から伸びているオレンジ色の棒ね)の下に突き出てるものをドルフィンストライカと呼ぶそうです。そういえば、静岡の広野海岸公園にあった海賊船にはドルフィンストライカではなくて、本当にイルカさんがいましたね。なんか話がつながった。

bcorP_20150101_145555

機関室にも鏡餅。

bcorP4050161

B−COMAPSSブースでロープの結び方教室でもやりたいけど、B−ROSEをくくりつけちゃいそうなんで止めておきますね。

bcorP_20150101_145656

食堂にも。なんだか「日本丸で鏡餅を見つける会」になってきたな。士官サロンはどこだ?

bcorP_20150101_145757

船長室。もち鏡餅。

bcorP_20150101_150035

士官サロン。天井にはステンドグラス。正面奥に神棚がありました。二拝二拍一拝。神棚には伊勢山皇大神宮のお札がありました。で、よくよく見ると「航海安全」ではなくて「公開安全」って書いてあるんですよ。ま、日本丸はもう航海しないし、確かに見学用の船なら「公開安全」か。

bcorP_20150101_150328

ラスト鏡餅は海図机に。マイケルHCもこの海図机で戦術練るとビーコルらしくてオシャレだと思います。

bcorP_20150101_150355

モールス信号、実際に音が出るのでちょっと遊んできた。皆さんもゴーゴービーコル!、くらいはモールス信号で伝えられるようにしておくといいかもしれません。

bcorP_20150101_151230

てな感じで、お正月1月1日の日本丸でした。で、1月24日(土)/1月25日(日)は帆船日本丸85回目の進水記念祭なのですが、コルスくんをはじめマリノスケ、フリ丸、はまりんなどの横浜ゆかりのキャラクターが大集合するみたいです。(※24日と25日のビーコルは平塚で青森戦)

bcorP_20150101_150018

日本丸をはじめ、多くの練習船に船長として歴上された故千葉宗 雄船長の共訳書「帆船航海記」(昭和52年発刊)」の訳者まえがきの一節が掲示されていました。ぐっときたので以下引用【船乗りと海「…船乗りは生業として海へ乗り出す。もともと、その道は栄達にかかわりを持たない。喜怒哀楽を外に、時には生命をかけて、あえて船を進めなければならない。もしその道が困苦と危険とに閉ざされているだけなら、船乗りには救いがない。けれども、海は非情酷烈な試練の後に、身も心もとろかすばかりの優しさで船乗りを包む。すると船乗りは恨みつらみを忘れて、海の生きがいに胸をふくらませる。乗り越えた危険や困難が大きければ大きいほど開放感と満足感は深く、それが海との一体感に結びつく」】

※1/2追記
晴れていたので、ちゃんと写真を撮っておきました♫

bcorP1020139

船首の先をよく見ると、

bcorP1020138

松飾り!

 

 


関連記事

ページ上部へ戻る