【海賊の】2013-2014シーズン、お疲れさまでした!【航海は続く】


こんばんにゃ。3シーズン目の横浜ビー・コルセアーズ、2013-2014レギュラーシーズンの全日程が終了しました。イースタンカンファレンス7位。プレイオフ進出ならず、当然有明の道も閉ざされました。豊嶋さんが眼鏡を外す姿に胸がキュンキュンするあの瞬間も、宮内さんがモップボーイを叱咤激励するあの姿も、「はたおくん」さんがよく分からないタイミングで泣き出す姿も、10月まではお預けです。

ということで、4月27日(日)の秋田ノーザンハピネッツ戦@トッケイセキュリティ平塚総合体育館、試合後の様子をお届けします。集合写真あり、ごあいさつあり、見送りあり。シーズン最後のゲームに来れなかった方向けに雰囲気お届けです。写真と動画で、ササッと紹介。

bcorP4271220

bcorP4271268

bcorP4271304

bcorP4271306

bcorP4271328

選手の一番先頭でブースターを迎えるオマー・リード選手。gogobcor.comでは、あんまり特定の選手にスポットを当てていませんが、55の数字を見るたびに僕はきっと彼を思い出すでしょう。


 
「屈辱は財産なり(「ああ野麦峠」山本茂実)」―優勝チームが翌年プレイオフに出れず7位だった。これを屈辱と思っていない選手はいないでしょう。しかし、この屈辱は優勝と同じくらい価値のある財産だと鬼守備さんは思っています。宝物は目に見えるものだけではありません。今シーズンは「屈辱」という財産を手に入れました。横浜の海賊、その航海は続きます。
 
HC、キャプテン、代表のあいさつは動画でどうぞ。


関連記事

ページ上部へ戻る