【ついに始動!】ビーコルアリーナ建築基本構想発表について【バスケ見ようぜ!】



注:2014年4月1日エイプリールフールネタです。

春ですね。消費税も上がりますね。横浜の桜はもう咲いています。鬼守備さんおすすめ桜スポットは、伊勢山皇大神宮かなぁ。

さて、かねがね噂のあったビーコルアリーナ(B-COR ARENA|YOKOHAMA)ですが、今朝のニュースを見てたらついに建築基本構想が発表されたみたいです。なので現時点で取り急ぎ報道内容まとめ。

建設予定地のみなとみらい地区。

建設予定地のみなとみらい55-B街区(横浜市西区)。

arena02

bjリーグ横浜ビー・コルセアーズの本拠地となるビーコルアリーナ(CGイメージ)。総工費は140億円。

arena

オーロラビジョン付きの専用アリーナは、国内最大規模の13,000人収容可能(CGイメージ)

ビーコルのエクセクティプ・ブロデューサーの岡木さんによると「現時点ではノーコメント。報道されている以上でも以下でもありません。まずは今シーズン残り8試合、チームがプレイオフに進出することに専念したい。計画の詳細については、シーズン終了後にスポンサー、ブースター、関係各者に説明する。」とのこと。鬼守備さん的には横浜ビールの飲食ブースが入ることを祈ります。正直、日本のバスケは世界と(他のアジアと)比べると遅れをとっていますが、ビーコルアリーナ完成によってその常識が変わりそうですね。なお、着工は2015年5月(予定)、完成は2017年3月(予定)です。

その他併設されるトップチームの練習施設、ブースター専用ラウンジ、ユースチーム用サブアリーナ、B-ROSE用ステージなど、色々と情報がリーク(?)されているみたいなので、詳しい情報は下記バナー画像をクリックしてご覧ください。
arena04
リンク先:http://ja.wikipedia.org/wiki/エイプリールフール

●4/1 15:00追記
というようなことがあればいいなぁ、と常日頃から思っている鬼守備さんでした。中学生の頃、鬼守備さんはバスケ部だったのですが、当時は「横浜に(というか日本に)プロバスケットボールチームなんてできるはずがない」と思っていました。そして、今の子供たち。きっと「横浜にバスケのアリーナなんてができるはずがない!」と思っていることでしょう。でも、バスケを大好きな人が一人でも増えて、ささやかなことでも何かできることをやって、バスケの楽しさをもっともっと広めていけば、きっとビーコルアリーナは完成するはずです。なんなら鬼守備さんがとりあえずレゴで作ります!

photo by ©David Jones,©Sergey Ksen

関連記事

ページ上部へ戻る