【祈ってきた】叶神社@横須賀市浦賀(東叶神社,西叶神社)【神頼み】


2月8日、9日のAway仙台プレーオフ攻防戦は1勝1敗!連敗ストップで一安心ですが、バレンタインデーに届くであろう全国の鬼守備ファンからの膨大なチョコレートの保管場所に悩み出している歌丸です。
 
8日の土曜日は記録的な大雪でしたね。横浜ビール「驛の食卓」で開催予定だったパブリックビューイングもさすがに開催中止でした。参考までに土曜日の写真。窓の無いチョイモビはこんな感じ。
bcorP2081056
 
横浜美術館前。ロシアに来たような吹雪。ランドマークタワーもかすんでいます。
bcorP2081064
 

叶神社に行ってきた

さて、本日のネタは浦賀(横須賀市)にある「叶神社」です。B-ROSEブログでMeguさんがちょこちょこ紹介しているので、ビーコルブースターでも何気に有名だったりする叶神社。鬼守備さんもブースター仲間から「勝守」をもらったこともあり、前々から気にはなっていたんです。が、「海賊たるもの神様のチカラに頼るまでもなく自力で願いを叶えるぜ!ワイルドだろう?」と強がっていたこともあり、足を運ぶところまではいきませんでした。
 
しっかーし!怪我人多発のチーム状況や現在の順位表を見ると、強がってばかりはいられません。勝利のためには、できることはなんでもしようと。神様にも手伝ってもらおうと。会場で声を出すことも、Twitter速報を見ながら心の中で応援するのも、bjtvで応援するのも、神社でチームの勝利を祈るのも、チームを思う気持ちにワイルドも何もないだろうと。てな訳で、大雪の翌日、Away仙台の地で戦うチームを思いながら一人浦賀に行ってきました。
 
横浜から京浜急行で約40分。浦賀駅です。
bcorP2091083
 
浦賀駅前。目の前の建物は浦賀造船所です。左側(東側)のルートを歩いて、東叶神社に向かいます。
bcorP2091086
 
そもそも浦賀は、黒船来航の地です。1853年ですから、オマー・リード選手来日の約160年前のことですね。で、ペリー艦隊はいきなり日本(というか横浜)に来た訳ではなく、前年の1852年に琉球に来ています。で、そこをベースに小笠原諸島行く→琉球に戻る→久里浜に行く→停泊する場所がないから浦賀に行く→「泰平の眠りを覚ます上喜撰たつた四杯で夜も眠れず」→また来るねと行って一回香港に帰る→翌1854年にまた琉球に来る→横浜に上陸して日米和親条約結ぶ、って流れです。ペリー的に言うと、琉球と横浜ってのはペアです。bjリーグ的にも、なぜかビーコルはAway琉球が多いのですが、バスケ発祥の地アメリカ(=ペリーさん)リスペクトの粋な計らいという壮大な陰謀が隠れているんです。
 
とにかく、浦賀にペリーさん来たから横浜がある。横浜ビー・コルセアーズのルーツを探す旅になってきたぞ。なお、バスケットボールが誕生したのは、ペリー来航の38年後、1891年だそうです。いやぁ、勉強になるな、このサイト。
bcorP2091268
 
いわゆる「浦賀ドック」ってやつ。建造した艦船は戦前戦後を通じ、1,000隻ですって!奥様。
bcorP2091093
 
途中見つけた神社は、その名もずばり「船守稲荷神社」。海賊たるもの、船なくしては何にもできません。とりあえず階段登ろうっと。
bcorP2091087
 
ビーコル号の航海安全をお祈り。怪我人が早く復帰できますように。こういう小さい神社というがお社の方が、参拝する人が少ないから願いごと叶えてくれそう。
bcorP2091088
 
狛犬ならぬ狛狐。お稲荷さんですからね。狐だけに挨拶は「コンにちは」。
bcorP2091089
 
さて、ルートを戻して進みます。
bcorP2091092
 
寄り道その2。八雲神社。気になるので寄ってみた。
bcorP2091101
 
住宅地を抜けて階段を登ると、
bcorP2091095
 
お、おう、夜は怖そう。だけどここでもビーコル号の安全を祈願。お寺風な神社だなぁと思ったら、
bcorP2091098
 
明治の廃仏毀釈でお寺→神社になったみたい。江戸時代までは、日本の神仏習合における神=牛頭天王(ごずてんのう)だったものが、廃仏毀釈で使えなくなって、祭神を牛頭天王と習合していたスサノオに変えたパターンです。牛頭天王=スサノオは京都の八坂神社が代表的ですね。
bcorP2091097
 
というわけで、東叶神社はもうすぐです。
bcorP2091102
 
着いたよぉ!Meguさんのブログで見た光景だ!
bcorP2091113
 
叶神社です。ご祭神は応神天皇(第15代天皇。西暦で言うと350年くらい)。
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/2490/uraga_walk/higasi10.html
 
bcorP2091114
 
こんな大きな「叶」という字は初めて見た。お願いごとを「十」回「口」にすると、お願いごとが「叶う」って本当かなぁ。ビーコル優勝、ビーコル優勝、ビーコル優勝、ビーコル優勝、ビーコル優勝、ビーコル優勝、ビーコル優勝、ビーコル優勝、ビーコル優勝、ビーコル優勝。
bcorP2091116
 
鳥居をくぐって振り返れば浦賀湾。ああ浦賀湾、浦賀湾。
bcorP2091118
 
そうそう、この東叶神社は「勝海舟断食の場」でもあるんです。黒船来航から7年後の1860年、咸臨丸は浦賀からサンフランシスコへ出発します。その咸臨丸の艦長が勝海舟で、アメリカ行きを前に断食修行したのがこの叶神社裏の明神山。
bcorP2091119
 
本殿の左右に立派な蘇鉄(そてつ)。「源頼朝公が源家再興の折,伊豆より移植奉納」とのこと。神社&ソテツ&頼朝公のパターンは、木更津の八剣八幡神社と同じです。弱った樹の根元に鉄屑を埋めたら蘇ったから「蘇鉄」。
bcorP2091120
 
狛犬さん左。阿吽の「あ」の口。だけど、あんまり開いてないなぁ。犬だけに「浦賀ワン!」なんつて。
bcorP2091123
 
狛犬さん右。阿吽の「ん」の口。息がぴったりなことを、阿吽の呼吸(マイコー&タケト、ケンジ&カバちゃん、ヒロシ&キーボーなど)って言いますね。
bcorP2091124
 
キュートなお尻。浦賀湾の穏やかな波のイメージ。
bcorP2091130
 
浦賀ワン!
bcorP2091125
 
本殿。絵馬がすごいんだ。叶神社だけあってさ。
bcorP2091128
 
さて、山の頂上まで上ります。
bcorP2091131
 
途中にオシャレなカフェ。
bcorP2091132
 
雪と椿。
bcorP2091137
 
まだ登るぜ。目指すは勝海舟断食の地。断食って大変だと思うんですよ。断食まで行かずとも食事制限で頑張っている人も沢山いると思うんです。少なくとも一人は知っています。そんな人の思いを癒すことはできませんが、せめて「勝海舟はここで断食して、咸臨丸乗ってアメリカ行ったんだよ!お前も頑張れよ!きっと味噌汁我慢できるよ!Sail On!光進丸よぉ♪」と少しばかり上から目線で言っても説得力があるような現地の写真を撮っておいらは帰るんだ。なので登ります。
bcorP2091139
 
サンフランシスコへ向かう咸臨丸。この船に勝海舟も福沢諭吉もジョン万次郎も乗っていました。今のビーコル号はこんな感じかも。でも波も嵐も乗り越える!
bcorP2091140
 
つ い た よ 。246段(鬼守備マジ調べ←Meguさん検証頼みます)。登りました。
bcorP2091145
 
勝海舟さん断食の地。
bcorP2091146
 
石灯籠に干鰯問屋の文字が。江戸時代、浦賀の町はイワシを干鰯(肥料になりました)に加工する「干鰯問屋」が大繁盛!
詳しくはこの辺をご参照
あれ。
bcorP2091150
 
頂上付近はバスケコート1面分くらいある。海の方へ歩いてみると、
bcorP2091155
 
お、東京湾。
bcorP2091157
 
浦賀城址なんだ。黒船はこの左辺りに停泊したらしい。フォーエバー、マシュー・カルブレイス・ペリー。
bcorP2091158
 
向こう岸は千葉県。写真の船は違うけど、久里浜と木更津を結ぶ東京湾フェリーも確認できました。
bcorP2091162
 
よし、下山!絵馬書くぞ。
bcorP2091171
 
社務所に寄ったら、先客が。ニャによ。
bcorP2091174
 
あんねー、ここ空いてないのよぉ。的な表情。リアル猫村さんです。
bcorP2091176
 
裏手に回るともうお一方。写真で見るとオッドアイ?よく見たら模様が浦賀湾じゃね?すごくね?
bcorP2091180
 
おまけに、勝海舟が断食修行の折に使った井戸発見。今でも現役の井戸でした。
bcorP2091181
 
で、まずは勝守をゲット。
bcorP2091184
 
己に、そして人生に勝つ!「あらゆる」ってのがすごいな。
bcorP2091186
 
そして絵馬。
bcorP2091185
 
ここはシンプルなお願いごと。どんな時でもGO!GO!B-COR!そう、GO!なんです。燃えてるんだろうかぁ。
bcorP2091189
 
東叶神社の参拝を終えて、西叶神社に向かいます。道すがら。
bcorP2091112
 
浦賀。いい町です。広島の鞆の浦とか瀬戸内海にいる感じかな。漁港じゃないんで、ちょっと違うけど。
bcorP2091274
 
そして、渡し船乗り場に到着。
bcorP2091103
 
浦賀のぉ、わたーしー。
bcorP2091190
 
1733年からあるんだ。古い。
bcorP2091191
 
桟橋のほとりにはオシャレな建物。
bcorP2091293
 
1Fがギャラリー時舟。2Fはカフェ時舟。ギャラリーでは、オーナーでもある塩路明子さんの作品展が開催されていました。せっかくなので寄り道。お話する機会もあったのですが、とっても素敵な方(言葉でうまく説明できないので、浦賀に来たらぜひお立ち寄りください)で、実は人間の姿をした浦賀湾の女神なんじゃないかと見まごうてしまいました。またゆっくり来ようっと。
bcorP2091286
 
2Fカフェからの眺め。船に乗ってるみたいでしょ?いい場所です。浦賀湾を見ながら、釣り業界アイドルオーディショ二次審査に残っている辰巳シーナちゃんとゆっくりコーヒーを飲みたいです。あ、一緒に釣りかな。
bcorP2091107
 
鬼守備A「シーナちゃん、風、冷たくない?」
鬼守備B「ううん。全然。だって、私の隣には、鬼しゅ、、、」
鬼守備A「あ!シーナちゃん、アタリ来てない?」
鬼守備B「え、え、どうすればいいの?あ、逃げちゃった。。。」
鬼守備A「逃がした魚は大きいって言うけど、僕は君を逃がさないよ」
鬼守備B「……(うざい)」
鬼守備A「僕の竿にもさっきから当りがきてるんだけど」
鬼守備B「下ネタ最低。」
 
寸劇が終わったところで桟橋からパチリ。カッケー!うらが!うらが!うらが!
bcorP2091279

 
タコさん&渡し船。アシハポーン。
bcorP2091284
 
ギャラリー「時舟」にいた海賊?さん。「お兄さん、一杯飲んでくかい?」
bcorP2091277

渡し代は150円です。
bcorP2091193
 
いざ乗船。
bcorP2091196
 
今生の別れ(桟橋にシーナちゃんがいるイメージ)。
bcorP2091198
 
数分で向こう岸に着きます。
bcorP2091201
 
左手は浦賀湾の出口、その先は東京湾。房総半島。そのまたずっと先はマーカス・シモンズの故郷アメリカです。
bcorP2091202
 
西岸に上陸。案内板右に見える赤い屋根が渡船。
bcorP2091205
 
西叶神社へ向かいます。写真右、歩道の先に鳥居が見えます。
bcorP2091206
 
着いたよ。ひとつめの鳥居。昔は宮島みたいに、すぐ海岸線だったのかな。
bcorP2091207
 
こちらも叶神社。らーらーけんたげっとごーる!
bcorP2091209
 
鳥居をくぐって50m。見えてきました西叶神社。
bcorP2091210
 
西側も趣のある街並です。
bcorP2091213
 
ええじゃないか運動が三浦半島で始まったのはこの地から。
bcorP2091212
 
いざ。
bcorP2091211
 
こういうのとかがある、
bcorP2091217
 
こういう神社です。
bcorP2091223
 
狛犬さん。「あ!」
bcorP2091227
 
狛犬さん「うん!」。こちらの神社も蘇鉄ありんす。
bcorP2091228
 
天井彫刻。
bcorP2091233
 
本殿の横に来たら、ひときわ人だかりならぬ狐だかりが。
bcorP2091239
 
船守稲荷神社。あれ、どっかで見たような。
bcorP2091242
 
こんなのがあったり、
bcorP2091245

象さん発見。「浦賀だゾー(ネタ切れ)」なんつて。
bcorP2091248
 
ビーコル号の航海の安全(とプレーオフ進出と、有明ファイナルズ進出と、カンファレンス優勝と、bjリーグチャンピオン)をお願いして、帰ろうとしたら、見返り狛犬さん?なぜか胸がキュンキュン。横浜ダイヤモンド地下街の天賞堂にいるキューピッド的な感じです。
bcorP2091250
 
願いよ、叶え!
bcorP2091252
 
(西)叶神社からは浦賀道を通って浦賀駅に戻ります。
bcorP2091256
 
途中の浦賀ドックその1。
bcorP2091258
 
浦賀ドックその2。
bcorP2091261
 
というわけで、浦賀のぶらり散歩でした。4月12日(土)13日(日)は、横須賀アリーナで埼玉ブロンコス戦が開催予定です。会場最寄り駅の横須賀中央駅から約10分で浦賀駅ですので、ご興味ある方は叶神社へぜひどうぞ!ちょっと足を伸ばして、観音崎とか横須賀美術館なんかもいいとことですよ。

なんだか長ーい記事になりましたが、ビーコルのホームゲーム会場は横浜×2、横須賀、座間、海老名、平塚、小田原と神奈川県全域に広がっています。「横浜での開催が少ない!」と思ったこともありますが、逆に今まで知らなかった神奈川県の魅力を感じることができるんですよね。地域密着って言うと主体が動かないで狭い範囲でベッタリ、というイメージですが、ビーコルにしか出来ない「地域密着」の姿もあるんじゃないかなぁと感じます。
 
そうそう、ビーコルブースター的に気になるスポットがあればぶらり散歩してきますんで、リクエストあればご連絡ください。「レジー・ゲーリーの生家が見たい」とかはちょっと無理かもしれないけど。
 
●関連リンク
・東叶神社
http://www.geocities.jp/fnhachiman2000/kanouhome.html
 
・叶神社(西叶神社)
http://kanoujinja.p1.bindsite.jp/
 
・横須賀市観光協会
http://yokosuka-kanko.com/index.html
 
・浦賀の歴史とふれあう散策ルート|横須賀市
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/2490/uraga_walk/
 
・ペリーのお願い(Youtube)…優勝してくださーい!
http://www.youtube.com/watch?v=r6A3YXFU84Q


関連記事

ページ上部へ戻る