【議事録】6/23ブースターサミット


6/23にたきがしら会館にて開催された第4回横浜ビー・コルセアーズ有志ブースターサミット(非公式)、主催者の長田さんからまとめの議事録をいただきましたので掲載します。


第4回横浜ビー・コルセアーズ有志ブースターサミット(非公式)議事録

◆日時:2013年6/23(日)13:00〜14:30
◆場所:たきがしら会館第2・第3会議室
◆参加者:主催者・長田洋介を含む有志16名(男性15名・女性1名)
◆今回の議事進行:T氏


経過報告【有志ブースターが行う、プレシーズン企画の件】

1)横浜DeNAベイスターズ観戦について
2)ボウリングフェスティバルについて

1)横浜DeNAベイスターズ観戦について

  • 試験的に、告知をせずに10数人で近日中に下見に行く。
  • 理想を言えば、始球式等のイベントにビーコルが絡み、そのような試合に、大々的に告知をして大勢のビーコルブースターで試合会場に行きたい。

2)ボウリングフェスティバルについて

  • 6/22(土)現在で申込みは35名。6/30までは定員50名で募集。
  • 状況を見て上方修正。ボウリング場とはすでに交渉済み。
  • B-ROSE公開オーディションにおいてチラシを配布済み。

議題1【有志ブースターが、新規観客をリピーターにする方法について】

※前回、途中で時間切れとなった議題のため、前回と重複する内容が多いです。

●試合当日よりも前の段階
●開場前
●開場中

●試合当日よりも前の段階


1) 何も知らない新規観客が1回目の来場から気持ちよく楽しく応援できる準備を手助けする。
→応援のやりかた等がわからない…という声を耳にする。

【解決策】
→それぞれのコールを音声部分で動画作成して情報を拡散する。
例)http://www.youtube.com/watch?v=RnjPdpPa4c0
→有志だけでもtwitterのRTやFacebookのシェアを駆使して拡散。
→pdfデータも作成し、事前に情報を拡散する(gogobcor.com経由の意見)


2) わかりやすい試合会場への行き方の告知。
事前にチケットを購入された方が少しでも会場にわかりやすく到着できるように、事前にネット上で告知、拡散する。

【解決策】
→これまでにブログで案内を掲載していたブログ管理人とgogobcor.com管理人とで会場案内を作成、有志で情報拡散。もしくは、チーム公式サイトでgogobcor,comにリンクを貼ってもらう。
例)http://nemotodaikon.blog.fc2.com/blog-category-5.html
例)http://ameblo.jp/sunkenchikujimusho/theme4-10062031653.html→有志で作成したデータをチームに渡し、チームの公式サイトに貼ってもらう。
→チームへの提案が必要。


●開場前


3)新規観客にとって最寄駅から場所がわかりづらい会場がある。
→横浜国際プールや平塚市総合体育館など。
→ボランティア不足の現状があるのでチームでは対応が難しい模様。

【解決策】
→早くに来場するブースターが案内する。
→早くに来場できるブースターで当番を決める等。
→会場によるが4〜8人必要?
→チームに相談してのぼりを借りる?
→当日の案内担当の席の確保の方法をチームに提案。
→基本的には、遅くとも開場30分前程度から。
→B-ROSEパフォーマンスに間に合うタイミングまで。
→B-ROSEパフォーマンス開始時刻を毎回チームに要確認。
※注意点…新規観客の目には、道案内をしていたら当然チーム関係者だと思うはず。チームが公開しているありとあらゆる情報に精通し、質問にはスムーズに答えられるよう準備し、チームの評判を落とさないホスピタリティで案内をしなければならない。


●開場中


4)何も知らない新規観客が1回目の来場から気持ちよく楽しく応援できる準備を手助けする。
→応援のやりかた等がわからない…という声を耳にする。
→応援に乗りやすくするための仕組みづくり。

【解決策1】
→試合会場ロビーの片隅に「有志による新規観客向けの総合案内所」を設置。
→まずはチームへの提案が必要。
→応援の方法などの配布物を準備?
→新規観客とわかるような仕組みを考える。例)シールか何かを配布し、服の上から肩に貼ってもらう等。

【解決策2】
→新規観客が多い2階席への応援レクチャー
→新規観客推奨エリアを設定?そのエリアでの応援レクチャー?
→定番のコールやB-CLAPの使用方法等をレクチャー。
→大きめの説明ボードを持って歩く。経済的・労力的に効率が良い。(gogobcor.com経由の意見)
→チームによる応援練習復活を、チームに提案?
→gogobcor.comから頂きましたご意見
・「チームとしての総合案内所」がどこなのか、チームに明確に表示してもらう必要あり。
・持っているチケットの席を分からない観客が結構いたので時々案内していた。
・新規観客は、わからないことを誰に聞けるのかもわからない。
・誰がチームスタッフで誰がボランティアか、わかりにくい。


5) 定番化した一つのイベントに参加してもらい、連帯感を楽しんでもらう。

【解決策】
→まずは有志が中心になってブルーライト横浜作戦を定着させる。
→有志は電池式のブルーライトを購入して出費を抑える。
→電池式ブルーライトの情報を拡散する。
→開幕前からネット上で、ブルーライト横浜作戦を何度も告知する。
→肝心な試合の際、カンパでの配布も視野に入れ、スポンサー探しも念頭に入れる。
→演出上、暗転をしない可能性もあるので、チームに確認が必要。(gogobcor.com経由の意見)


●試合中


6) チームを鼓舞する企画に参加してもらい、 連帯感を楽しんでもらう。
→例)NBAオクラホマシティサンダーや信州ブレイブウォリアーズ
→得点するまで全員スタンディング
※具体的なアイデアは、特に出ませんでした。


7) 1階席と2階席、新規観客とすでにハマったブースターとの温度差を縮める。
→スムーズに試合中の応援にも参加出来るような仕組みづくり。
→B-CLAPなどの応援グッズを2階席中心に売り子で回る。
→チームに提案が必要。


8 )bjリーグの応援マナーも積極的に告知
横浜はなぜかマナーに関してゆるい。
→チームの公式サイトへの掲載を働き掛ける。
→ブースター側からも積極的に発信していく。
→gogobcor.comから頂きましたご意見
・1つの試合に異なる2つ以上の応援パターン(分裂応援)をしない。ブースターの応援は一枚岩でいきたい。
・応援は強要しない。じっくり観戦の観客の邪魔をしないように。
・ネガティブな応援をしない。ジャッジや相手ファールに対していつまでも抗議したりしないよう呼びかけて行く。ネガティブな応援はゲームに勝つ推進力・集中力を後退させるとともに、会場の雰囲気も悪くします。


議題2【2階席の観客が1階で観戦したくなるにはどうするか】

●経済的事情や2階席の方が気に入っている、2階席にすでにコミュニティが出来上がっている等、様々な事情がある方へのアプローチではなく、とりあえず安価な席を購入した…という方へのアプローチを考えました。理由は、1階席の方がチケット単価が高く、1階席の観客が増えることは結果としてチームの増収につながると考えたからです。


●主にブースター側から出来ることについて
話し合いたいと主催者は考えていましたが、結果的に「チームにお願いしたいこと」が多くなりました。
1)1階席の人でなければ参加できない独自の企画を展開。
●例
→素晴らしい席に座る権利をブースターから提供。
→今季、応援旗を振る一人が最前列のシーズンシートを購入予定。
→しかし、応援旗を振っている関係で着席する予定がほとんどない。
→そのシートに座る権利を巡ってのじゃんけん等を、1階席エリア内で展開する。
→1階席エリア内でのことなので、1階席のチケットがなければ参加できない。


●以下、チームへのお願い及び提案事項。
●以下の項目は議事録には掲載しますが、チーム主催の公式ブースターミーティングの際に、提案していくことになります。

2) ブースタークラブ・後援会員の特典の当日券を前売り価格で購入…について
「会員様本人に限ります」の部分を「会員様本人がご購入された○枚までに限ります」に変更、増加して欲しい。
→試合当日に複数人の友人をブースター会員が連れてきた際、前売券の価格で提供してほしい。
→少しでも安価な方が1階席に誘導しやすい。

3) ジャンプアップチケットの積極活用
2階チケット+αで試合後半から1階席に降りてこられるジャンプアップチケットを定番化させて欲しい。
→2階席の皆さんが1階席を体験する大きなチャンス。

4) チーム側からの1階席と2階席の差別化。
→1年目に行っていた、サイン色紙と交換できるカラーボール投げ込みを復活させ、1階席にあからさまに多く投げ込む…等。

5) バスケをもっと深く楽しめるコンテンツの充実。
→1年目に存在したゲームレポートのような、試合の流れを変える一つのプレー…だとか、戦術上での両チームの駆け引き…だとか、バスケの専門的な内容を扱うコンテンツが公式サイトに欲しい。


議題3【話の流れで出てきた議題】

●こちらもチームにお願いしたい内容になりましたので、議事録には掲載しますが、チーム主催の公式ブースターミーティングの際に提案していくことになります。

◆背景◆
かつて2階席で席を立って応援している人が、後ろで着席して観戦していた人とトラブルが発生したという事例あり。
◆仮説◆
2階席にあらかじめスタンディング推奨のエリアを作っておけば、もしかしたらそのようなトラブルがなくなるのではないか。
◆結論◆
初心者推奨エリア、熱く応援推奨エリア、じっくり観戦推奨エリアの設定をチームにお願いして、会場内での住み分けを進めていく。その設定を公式サイトのチケット販売ページにも掲載。しかし、あくまでも「推奨」で絶対に強制はしない。


議題4【チームに協力を得ないでも出来る企画について】

※時間切れのため、話し合いには至りませんでした。


所見

●チームにお願いしたいことは、各自、チーム公式のブースターミーティングに備えてそれぞれご準備をお願いします。
●「有志ブースター側から何が出来るか」についての打合せを主催者は意図していましたが、主催者の拙い運営と周知の不徹底で、「チームにお願いしたいこと」に割いた時間が多く、議題を消化しきれませんでした。次回以降は「ブースターが何を出来るか」に焦点を合わせることを徹底的に周知し、実りの多い打ち合わせにしたいと思います。よろしくお願いします。


次回会議日程

日時:未定。2013年8月中。B-COR Fan’s BASKETBALL企画の日程に合わせたい。
場所:たきがしら会館第2・第3会議室(予定。空室であれば)
議題:●それぞれのアイデアの具体化(取りまとめ役の決定等)
●応援について(例:選手コールはいつから?どんな?)

以上です。


関連記事

ページ上部へ戻る